概要
Web広告の運用とは日々絶え間ない改善との戦いです。獲得効率向上を目指していますが、「CPAが合わない」「媒体側が理解できない挙動を突然行う」など悩みの種は多いと思います。その広告パフォーマンスを下げている原因の一つが、アドフラウド(広告詐欺)かもしれません。

このウェビナーでは、知らず知らずのうちに発生している、不正クリックや意図していないウェブサイトへの広告配信などの被害の実態と、それを検知し返金対応を行うまでのフローをご説明いたします。

実際に弊社で検知している2020年下半期の広告詐欺額は39.5億円。不正広告をしっかり検知し、ブランドセーフと効率維持を両立させる手法をお伝えいたします。

ご導入いただいている企業様の事例もご紹介し、ネットでググっても出てこない有益な情報をお届けします。ランチ休憩を取りながらお気軽にご参加ください。

<こんな方におすすめ>
・広告予算月額200万円以上の運用担当者の方
・CPA高騰にお悩みの方
・ROI向上のために広告配信を調整したい方
・運用広告の改善が頭打ちになっている方
・不正クリックや広告の裏で発生しているリスクについて深く知りたい方
・アドベリフィケーションについて深く知りたい方
開催日時
木曜日, 9月 16日, 2021年 · 12:15 PM Tokyo (GMT 9:00)
発表者
1630565028-a76c1a7c943f08cc
長倉 崇人
Marketing