Special Offer: Get 50% off your first 2 months when you do one of the following
Personalized offer codes will be given in each session

パネル3: ゼロ・エミッションを目指した低炭素移行の日本の本気度

October 29, 2020 at 10:30:00 AM · Tokyo
このオンラインセミナーについて

パネル3: ゼロ・エミッションを目指した低炭素移行の日本の本気度
- 言行一致: 日本の低炭素移行への段階やタイムフレームはどれだけ見込みがあるのか、または技術面のイノベーションに過度の期待が寄せられているのか?投資家の観点は?
- 日本の企業や投資家は欧州連合のサステナブルファイナンス・アクションプランやグリーンディールをどう捉えているのか?またどう反応しているのか?
- 様々なイニシアティブやインセンティブ、金融体系・商品は、実際日本のグリーントランジションの触媒になりえるのか?

このウェビナーは日本語で放送されます。

このウェビナーは RI Digital: Japan 2020 の一部となっています。全会議の登録はこちらからです。

---

Plenary 3: Is Japan serious on the low carbon transition for net zero emissions?
- Walking the talk: are the regulatory steps and timeframe for Japan’s low carbon transition credible, or does it place too much faith on technological innovation? What do investors think?
- What do Japanese companies and investors think of the European Union’s Sustainable Finance Action Plan and Green Deal? What is Japan’s response to the issues?
- What initiatives, incentives and financial structures/products will actually catalyse Japan’s green transition?

This webinar will be broadcast in Japanese.

This webinar is part of our RI Digital: Japan 2020 event. To view all sessions please click here.

閲覧条件: Everyone
オンラインセミナー価格: 無料
おすすめの発表者
Webinar hosting presenter
日本経済団体連合会、環境エネルギー本部長
1969年三重県生まれ。92年経団連入局。以後、対米欧経済関係、GATT等の担当を経て、消費者契約法、議員立法による商正改正、独禁法等を担当。米国留学、内閣府独禁法基本問題検討室出向等を経て、07年から16年3月まで、気候変動、震災後のエネルギー問題、循環型社会形成等を担当。その後、消費者法、会社法、独禁法、金融資本市場、Society 5.0 for SDGsに関する東大・GPIFとの共同研究、ダイバーシティ推進の担当を経て、20年より現職。
Webinar hosting presenter
気候ネットワーク、国際ディレクター
出版社を退社後、米国のNGOで活動。1998年よりNPO法人気候ネットワークにて気候変動・エネルギー政策の分析・提案に関連する活動に従事している。国際NGOのネットワークCAN(気候行動ネットワーク)の日本組織CAN-Japanの代表を兼務。国内外の人脈を生かし、国連交渉や国の政策、地域の取組みまで幅広く活動を展開している。千葉商科大学サイエンスアカデミー特別客員准教授。編著に『原発も温暖化もない未来を創る』(コモンズ、2012年)。聖心女子大学卒、早稲田大学社会科学研究科博士課程修了(社会科学博士)。
Webinar hosting presenter
フォー・トゥエンティー・セブン、日本代表,
松前はインディアナ大学人類学卒。スタンフォード大学MBA。過去30年に渡り、年金など機関投資家向け資産運用リスク分析やグローバル分散投資関連のツール提供業務に携わる。証券リスクモデルを開発するBarra社ディレクターを経て、Asset International社のManaging Director、2000年にGoldmanのGlobal Pensionサービスグループの東京代表として赴任。その後グローバル株運用のベンチマークを提供するMSCI東京支店長として入社。金融経済データの配信会社のFactSetの日本支社長を経て、S&P Global Plattsの相談役を歴任。Four Twenty Sevenには2019年秋に日本事業担当のディレクターとして入社。この1月に日本事業を法人として立ち上げ現在に至る。
Webinar hosting presenter
SOMPOホールディングス、CSR室長,
安田火災海上保険(現・損保ジャパン)入社。東京および米国にて顧客企業の国内外事案 の保険金支払い業務、再保険部門にて自然災害等の再保険スキーム構築・運営、ロンドン に駐在し営業統括、英国子会社のマネジメント、組織統合を担う。現職では、社内外と連 携しサステナブルな社会へ貢献する先進取り組みの研究実施、継続的な全社CSRを推進実 施している。
Webinar hosting presenter
PRI、Climate Action 100+ マネージャー
PRIのマネージャーとして、協働エンゲージメントを通じて企業に気候変動への対応を求める世界的投資家イニシアティブClimate Action 100+のアジア地域の事務局を務める。主に日本、インド、韓国の企業に対する協働エンゲージメントを担当。信用格付会社のアナリスト、教育関係の公益財団法人の理事を経て2019年より現職。米国のカールトン大学で学士号、タフツ大学フレッチャースクールで国際関係の修士号を取得。